ウメに感謝WinkingLaughHappy


ここ数年、暮れが押し迫った頃に取り上げていた「犬」たち。その年に出会った他所の犬を取り上げてきた。でも、今年は、いや、今年こそ我が家の犬、ウメに「ドッグ賞」を授けたい。今年の7月にポチ(母親犬)が他界し、我が家の犬はとうとうウメ(娘犬)だけになった。



御年16歳2ヶ月。高齢化とともにウメは目が見えなくなり、耳も聞こえなくなった。衰えはあるが嗅覚はどうにか残っていて、その他のセンスも頼りにしつつ、ドッグドアをあけて家から中庭へ、中庭から家へと出歩いている。もう通常コースの散歩はできない。が、「群れ」として生きる犬の習性を尊重したいと思い、ほぼ毎日、すぐそばの堰まで”散歩”に出る。歩みはゆっくりだが、群れでの行動に喜びを感じている様子がある。肉体的限界による散歩の距離を稼げないからなのかどうか、その分何故か頻繁に中庭に出る。目も耳も、そしてこの年齢なのであり、今はもう彼女の好きなようにさせてあげている。若い頃は立ち入り禁止だった台所も今はオーケーと。残されたセンスでゆっくりと探検をするウメ。全てを許容したい。

思い起こせば、迷い犬ポチを我が家に迎えたのが1996年8月。その時点で既に妊娠中だったポチ。そしてアオ(2008年他界)とウメが同年10月に産まれた。我が家にとっては記念すべき「犬生活」スタートの時。我が家の基本犬たちの最後がウメになった。一日一日、ウメのことがとても愛おしくなってくる。

ずっと複数の犬がいた我が家。ある意味それを方針としているぐらいなのだが、その意味でもウメ一匹というのは、らしからぬ状況とも。実際、アオが亡くなった後、しばらくしてから次の犬を考えたことがあったが、ちょうどその頃に迷い犬を迎えた。半年という短い命だったその迷い犬の後またしばらくして次の迷い犬といった具合。そうこうしているうちに我が家の「基本犬」たち自身が年をとり、この子たちの”犬生”を最後まで見届けることの方が他の犬を迎えることよりも優先される状況に。タイミングの悪い状況が重なること数度。そして1匹となったウメ。盲目で聾唖の老犬に新しい家族を迎え入れるのは避けたい。

さて、話題はがらっと変わるが、今年も終わろうとしている今、今後このブログをどうしようかと考えあぐねている。2009年8月にブログをスタートしてから3年と4ヶ月。頻繁に更新していた最初の頃から見ると、今や義務的に書いている感が無いとは言えない。もう止めようかなと考える私がいる一方、止めるのもどうかと躊躇する私もいる。

物事の大半がそうであるように、なんでも最初は勢いがあるもの。だが、少しずつ面倒くさくなり、アップの間隔が空いてくる。ずっと続けているのは、ビジネス上、ブログを必要とする人たちだけのような気もする。ネットで何かを調べていて、たまたま行き会った個人のブログを見る事があるが、3年から5年ぐらいでブログが終了していることが多い。宣言をして終了というケースもあるが、なんとなく間が空いたまま数年経過というケースも。

こうした中、友人たちからはブログよりもFacebookを、という声がたくさんかかる。でも、そちらもちょっと否定的な気持ちだ。ブログでこんな状態の私はたぶんFacebookをやっても同様の気がする。「別にいちいちレスの必要は無いし、ただ見ていたり、読むだけでもいいし、ポチっだけでも、ね」というのが友達たちの意見。でも、せっかくアップした写真やコメントに全く返事もないままにいるのも申し訳ない気持ちになる。また、いいね、のポチっによって自分のことがあちこちに広まるのも今のところは嬉しくない。やはり、広めたい、と思う人たちの遊び場なのではないかと感じる。なので、今のところはやめておこうと思う。

アメブロやエキサイトブログなど、無料で立ち上げられるブログを使えばもっと気軽にアップする気持ちになれるという意見もある。実はこのサイトやブログは「ラピッドウィーバー」というソフトウェアを使って作成している。確かにこのブログを更新するためにはラピッドを立ち上げ、ブログを書き、ソフトウェア内で更新業務を行い、その後サーバーを呼び出してアップさせ、という具合で、面倒くさいのである。とはいえ、無料ブログでまた何かを始めるといっても、すぐにネタ切れになることは間違いない。更新手続きに手間が無いからといって長続きするものでもない。さーて、2013年のこのブログはどうなっていくのか。しばらく考えてみることにする。

本年も「なんだかんだブログ」を購読いただきありがとうございました。皆さんにとって2013年が実りある良い年になりますよう願っています。