夏の「容器内」手抜き料理HappyWinkingLaugh

まだまだ残暑も厳しく、「夏の・・」というタイトルも許されますよね。

ということで手抜き料理のひとつ目。全くもって大した料理とは言えないものを、今さら、という批判を覚悟でご紹介します。でも意外に「なるほどそれは良いねぇ」という方がいるかもしれません、よね。

プラスチック容器を準備し、そこに粗めの千切りにしたミョウガと短冊切りにしたキュウリを入れます。浅漬け感覚の量の塩をふり、レモンを少々絞り入れ、白コショウもさっささっさと。適当に混ぜてそのまま冷蔵庫へ。半日もすれば食べられます。レモンの爽やかな酸味は食欲の無い時にでも入りますよ。また、レモンの酸味と塩分で結構日持ちも。和食のお漬け物代わり、洋食のメインディッシュの付け合わせやサラダとしても美味しくいただけます。

白コショウにする理由は、ぴりっとくるにもかかわらず、色が見えないために隠し味風になっていること。「ミョウガだけの辛味じゃあないわね。これ何?」とゲストからも質問が。黒コショウだとすぐわかってしまいますが。でも、その程度の演出といえばそれまでです、はい(汗)。


次なる手抜き料理もこれまたプラスチック容器内での仕上げが可能なもの。冷蔵庫保存で5〜6日ぐらいまではOKだと思われます。

以前、
火を使いたくない夏の台所、ということで、「茹でて冷凍」という作業を暑くない時期、春頃にやってしまいましょう!とサジェスチョンをいたしましたが、この料理もそのひとつです!

フランス原産のエブリ麦。春先作業のはず、の茹でる&冷凍を忘れてしまった方は、残念ですが火を使ってください。でも、お湯を沸かして10分茹でるだけです。ザルにあけて水を入れて冷まします。水切りしたら小分けして冷凍。

名付けてエブリ麦サラダとしましょうか。材料は、タマネギ、キュウリ、プチトマト、イタリアンパセリ(普通のパセリでもOK)、ピーマン。プラスチック容器に茹でて冷めた、或いは解凍されたエブリと上記の材料を写真ぐらいの細かさにカットして入れて混ぜます。調味料はマヨネーズ、白ワインビネガー、コショウ。今回は自家製マヨネーズで挑戦しました。

エブリ麦の味は、なんていうか、優しい味です。ご飯のような雰囲気とも。マヨネーズとの相性は抜群。でも両者ともある意味「甘い、まったり」系でもありますので、ちょっと味見をしながら白ワインビネガーで酸味を加えると、平ったい味になるのを防げると思います。その意味ではタマネギの粗みじん切り、パセリのみじん切りも必須材料と言えます。料理というのは、時には冷蔵庫に残っているものをなんでもどうぞ、もありですが、時にはこのエブリ麦サラダのように、欠かせない材料もあるような気がします。

先日からゲストが立て込んだ我が家でしたが、このサラダは飛ぶように売れたというか、すぐになくなってしまいました。そして、ゲストもてなしワンパターンの自家製パンは
ギネスブレッド。こちらも美味しい、美味しいの連続で、あっという間に。。

エブリ麦は広尾のナショナル麻布スーパーで購入しました。よそでも販売されているかどうか、ネットででも調べて下さいね。

たくさんの出会いに感謝LaughLaughHappy


8月5日から8月10日まで開催しておりました、東京自由が丘「古桑庵」における「憩いのガラス展 〜あなただけに〜」が無事終了いたしました。社交辞令ではなく、来ていただいた方々のお陰をもちまして、本当に素晴らしく意義のあるガラス展になりました。このブログを通じて感謝の言葉をおくりたいと思います。

初のソロ個展ということで、多少緊張感の入り混じった気持ちでスタートしたガラス展でした。しかし、その不安も吹き飛んでどこかへ行ってしまう位に楽しく盛況なショーになりました。懸念した売上面も悪くありませんでした。

でも、何よりも一番の収穫は人との出会いです。カフェ隣接ということで、カフェ古桑庵さんにいらしたお客様にもかなり展示を見ていただきました。皆さん、これが初めての出会いとなるわけなのですが、ご自分用に、或いは友達への贈り物になど、様々な目的をお話し頂きました。また、ガラス制作プロセスに熱心に耳を傾けて下さった方もいらっしゃいました。本当にありがとうございました。カフェ古桑庵さんにも本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

そしてかなり沙汰無しで済ませてきたにもかかわらず快く足を運んでくれた親戚たち。叔父叔母の顔あり、そして何十年ぶりの従弟、従妹の顔、顔、顔。嬉、嬉、嬉しい。

そして、いすみエリアの友人たちもきてくれました。暑い中、遠くから皆さん本当にありがとうございました。

東京都内の友達たちの中にもご無沙汰続きの人たちが。長らく連絡もとらず無作法続きの年月を過ごしていた私にもかかわらず、たくさんのステキな笑顔を運んでくださいました。本当にありがとうございます。

「ありがとうございます」ぐらいでは、来て下さった方々に対する感謝の気持ちを到底表せそうにもありません。謝意の語に限界があることをご理解いただき、この感謝の気持ちはまた次の展示に向けての精進に切り替えまして、また皆様が出かけてみたいと思ってくださるようなガラス個展を行う決意といたします。

今後とも「生活のがらす」をよろしくお願いいたします。

*「がらすの器たち」のページを更新しました。

暑中お見舞い申し上げますLaughHappyLaugh


本当に、心より暑中お見舞い申し上げます。暑い日が続きますが御元気でおすごしでしょうか。

さてさて、ずっとガラスの展示会の準備に奔走していたため、ブログはおろか、スライドショーのアップもなかなか進まないままにおりました。宅配便作業も終わりましたが、たぶん、いえいえ必ず何か忘れ物があることと思います。かなりそそっかしいですからね、わたしって。

タイトルは”暑中見舞い”ですが、今回のお知らせは「ふぉと逍遥」のスライドショー更新です。この暑さで、犬も人間もかなり”まったり”した暮らしぶり。タイルの床がひんやりしていて気持ちいいらしく、犬たちは身体をぴったりタイルに当てて涼を取っています。夫は朝夕の比較的涼しい時間帯に野良仕事。相変わらずマメで有り難い存在。一家に一人は欲しいですね(笑)。

暑い暑いといっても、NHKやネットでの天気予報をみると、今のところいすみ市の最高気温は30度を超えていない感じです。ちなみに一昨日、東京の最低気温が28度、いすみ市の”最高”気温が27度でした。いすみの最高気温よりも東京の最低気温が高い!東京からよく遊びにくる友達に自慢しようと思っていますが、5日からは私もその渦中に、うぐっ。

展示会場の「古桑庵」さんはカフェですから、冷たいお茶を楽しみながら、透明なガラスでまたまた涼を感じて楽しんでください。