ホッとする灯りHappyLaughWinking


友人であり、ステンドグラス作家であるパーソンズ伊都江さんが本日から個展を開催します。

タイトル:『FLORAL IMAGES 2011』
期間:8月29日(月)〜9月4日(日)
場所:
ギャラリーくぼた 別館
住所:東京都中央区京橋2-10-9
電話:03-3563-0005
最寄駅:東京駅八重洲口から徒歩7分、銀座線京橋駅から徒歩1分。

大阪芸術大学では金属工芸を学んだ彼女。卒業後に渡米し、そこからステンドグラスのアートに向かうことに。彼女の作品を見ていますと、このバックグラウンドでしか紡ぐことができないステンドグラスの香りを感じます。

我が家にも彼女が作った行灯が置いてあります。節電が叫ばれる中、そこらじゅうの照明はオフにするよう心がけていますが、その行灯だけは灯します。夕方暗くなったらそれをつけ、そしてリビングを引き上げて寝室に向かう夜に消灯。この節電行動が改めてこの行灯の素晴らしさを感じさせてくれました。それは、主張し過ぎない灯り、でもホッと心が温まる灯り。ステンドグラスの灯りがともるリビングは本当にお勧めです。皆さんもこれを機にいかがですか。

Teru-chan did his job well.WinkingLaughHappy


楽しいPotluck party。合計10名は私にはかなりの大人数。暑い夏の南国cuisinesがテーマ。腕によりをかけて作った料理の数々は本当に美味。皆さん本当にありがとうございました!

私のパンも大好評。「もう東京もパリも要らない」とは、参加者の一人が放った言葉。作り手としては最上級の褒め言葉。


でもパーティの数日前からはかなり雲行きが怪しく、急に寒くもなった。気温はともかく、雨はイヤだなぁと。我が家の売りはデッキ。そこで過ごしてもらえないのは悲しい。そこでてるてる坊主にお願いすることに。何十年ぶりに作るてるてる坊主。そして願いはどうにかかなった。ありがとう、てるてる坊主。


ネットで調べたところによると、もしもてるてる坊主効果があったなら、そのお礼に顔を描いて上げるのだとか。サインペンでしゃかしゃかと。何故か自分の顔っぽくなってしまった(笑)。せっかく顔をもらったのだから、「人」っぽい感じ?で撮影してあげましょう、と。でもちょっとキモイかな。

スライドショー更新WinkingLaughHappy

スライドショー「ふぉと逍遥」を更新しました。8月の御盆休みも終わりを告げ、Uターンラッシュもほぼなくなりましたね。

思い起こせば、昨年の8月は自由が丘でガラスの個展を行っていました。あれからもう1年が経過したなんて、本当に月日が経つのは早いもの。年齢を重ねるごとに”早さ”はひしひしと感じられるようになりました。10代の頃は1年ってとても長く感じられたのに。


今回のスライドショーはサルスベリをたくさん登場させました。私は勝手に「夏の桜」と名づけています。枝を短く切る格好の剪定が一般のサルスベリのように感じますが、我が家はそれをせずにいるため、外観がより桜のような雰囲気に見えるような気がします。


先日、友達が妹さんを連れて遊びにきました。妹さんとは5〜6年ぶりの再会です。相変わらず奇麗で明るくてチャーミングでした(^^).。


久しぶりに訪問の妹さん。せっかくだから我が家でランチしましょうということに。しかも、パンを焼いて食べましょうよ、ということに。生地はあらかじめ私の方で一次発酵させてありましたが、これまたせっかくだから、成型は各自トライしてみましょうよ、ということに。


ベーコン&チーズのエピです。エピは「穂」という意味。ライ麦入りのフランスパン生地にしました。

成型もそれぞれ個性が出るものだなぁと。一番奥で小さく見えるエピが妹さん作。友達と私のエピはほぼ同じ穂の数ですが、妹さんはすごく多い(笑)。

それぞれ、自分が成型したパンを食べました。プチサラダ、庭で採れたブルーベリーも添えて。とても楽しいランチタイムになりました。

昨日、このランチのお礼にということで妹さんからアイスクリームが届きました。そんな気遣いは無用なのにね。でも優しい心に感謝いたします。ありがとうございました。

人をもてなすのってなんだか楽しいです。長年、何十年も、自分には不向きのことだと思っていたのですが、意外や意外、嫌いではないみたいです。

もてなすと言えば、今週末には大人数のパーティを予定しています。少人数ゲストはそれなりに慣れているのですが、大人数だとホステス役がきちんと務まるか心配(汗)。粗相があるかも(絶対にあるでしょうが)しれませんが皆さんお許しくださいね。


自分の家の庭に実ったウメで漬け込んだ梅干しです。これまでは産地直売でウメを調達していましたので、自家製梅干しは生まれて初めての経験です。なんだか妙に嬉しい。1,720グラムありました。


梅酢も太陽にかざして殺菌消毒。


初の自家製が嬉しいのか、夫も天地返しに協力(^_^).。


3日間天日干しにした梅干しは梅酢とともにカメの中に入っていき、食べてもらう時を待っています。そして、天日干しで活躍してくれた竹製の梅干しザルは所定地に戻りました。