2014年は”犬年”WinkingHappy

もうすぐ2014年ともお別れですね。私にとってこの1年は「犬年」でした。
昨年の暮れ、我が家に犬がいない状態に。2014年は年明け早々から「里親募集」のチェックに続くチェック。めでたく4月に2匹の里親になりました。1月17日産まれの兄妹。ブルーとココと名付けました。下記の写真は月齢9ヶ月頃。



この2匹を引き取る前後にひょんなご縁があり、月齢5ヶ月の犬を合計21匹も抱えて右往左往の飼い主と出会いました。成犬も入れると総勢35匹以上!!パート仕事で決して裕福な暮らしをしているとは言えない飼い主で、誰も散歩に連れ出すことができない状態でした。詳細は省きますが、とにかく劣悪な環境に犬たちがいました。経済的な問題もあり、常識とされるフィラリア薬すら、与えたり与えなかったりという状態。餌は朝一回だけ。成犬たちはまだ若いというのに痩せていて健康的には見えない感じでした。飼い主には申し訳ないのですが、ここに居続けたら間違いなく不幸になりますよね。

せめてこの21匹だけでも救わなければ、という気持ちはありながらも、果たして月齢5ヶ月にもなった犬たちに里親は見つかるのか、皆2〜3ヶ月の子犬を求めるだろうし、というネガティブムードになっていました。ところが、ダメ元で載せたインターネットの里親サイトが大ヒット。私が載せたのは14匹。足の悪い男の子がまだ1匹残っていて、他にはアクシデントで亡くなった子もいましたが、ほかの子たちは暖かい家庭にもらわれていきました。里親に神奈川県方面が多かったのは面白い現象でした。でも嬉しいことに、内2匹の里親さんはいすみ市。その内の1匹とは今も交流があり、我が家の庭で一緒に遊ばせたこともあります。

世の中捨てたものじゃあないゾ、と思いました。良い人たちはまだまだたくさんいるんだと。里親になってくださった方々は、ペットショップでお金を出して犬を「買う」ということに否定的な感じがありました。私も同感です。命をお金で買うということに基本的には抵抗があります。ただ、ブリーダーがいるから様々な犬種との楽しい出会いがあるのも事実です。そう考えると、犬の飼育ビジネスは「良識ある」ブリーダーのみにしていただきたいものです。このところ、たくさんの純血種が捨てられているというニュースを見聞しますよね。これは実は法律が変わったからのようです。「不要」になった犬を保健所に持ち込んでいたペット業者に対し、保健所が断ることができるようになったそうです。これを機に、ぜひこうした悪徳業者を摘発し、動物取扱業者の免許を取り上げるだけでなく、懲役刑の実刑ぐらいにすべきではないでしょうか。

さて、先の子たちは、21匹中、20匹が幸せをつかんだことになります。幸せに暮らす子たちの例を2家族分載せます。
A君。里親サイト用に取った時の写真


A君の現在。歯医者さん一家に貰われていった子です。引き取りに来てくださった娘さん(彼女も歯科医)はなんとも可愛らしくチャーミングな女性でした。また、お父様が素敵な方で、膝の上に抱っこしたり、縁側で男同士並んで座ったりと、楽しい写真を送ってくださいます。お茶目で可愛くたくましい犬になりました。本当にありがとうございました。


B君。同じくサイト用の撮影時。


B君現在。家具職人のご家族のもとに引き取られました。ご夫婦揃ってとても暖かな人柄。ビジネス用のウェブサイトがあり拝見したところ、とても素敵な家に住んでいらっしゃる様子で、さすがクリエイティブな仕事の人は違うなぁと。四国までの長距離ドライブも楽しんだそうです。つい先日には、わんちゃんも含めご家族揃ってテレビ出演したそうです。本当に幸せそうです。そしてとても綺麗な犬ですよね。サイト用の撮影時に見せた不安そうな面影は全くなく、幸せが満面に出ています。本当にありがとうございました。


このような里親探しのイベント?が春から秋まで続きました。加えて、もうこれ以上産まれるのは困るということで、犬の避妊手術のお手伝いもしました。犬猫の保護活動、避妊手術、去勢手術の活動を行う団体を友人から聞き、さっそくコンタクトをとり、どうにか8匹のメスの手術を終えました。保護団体さんからケージを借り、メス犬を軽トラの荷台に乗せて移動。行ったり来たりがなんどもありましたが、今振り返ると良い思い出です。

下記の写真は、いすみ市の人に貰われていった子で、うちの子たちと遊んでいる時の様子です。最初はおどおどしてましたが、痛烈なぐらいにフレンドリー?なうちの犬に気圧され、仲良しになりました(笑)。


里親のこと、避妊手術のこと、これらと同時進行で我が家の「子育て」もあったわけで、秋頃までは忙しい日々でした。でも、とても誇らしい気持ちになれたのも事実です。こんな善事は50年以上生きてきて初めてかもしれません。もちろん、これまでも里親探しは行ったことがあり、合計すると何十匹になりますが、もう子犬とは言えない月齢の犬たちを、しかもこんなに夥しい数の犬たちの里親を見つけたのですから。

前のブログにも書きましたように、8月下旬からは「成年後見制度」について学び始めました。社会人講座だというのになぜか試験もあり、合格不合格ラインまで設けられているのです(汗)。課外実習もたくさんあり、レポートに次ぐレポート。

写真は、実習の一つ。自分で課題を設けて実行するのですが、後見制度を知ってもらうための広報活動を行うことにしました。NPOいすみスタイル研究所のイベントに参加し、ブースをいただき、そこで活動しました。手応えもあり、有意義な時間でした。講座は1月まで続きますが、終わった後も何かこれに関わることを学びたい気持ちです。


この写真は、同じく成年後見制度の課外実習の時のもので、知的障碍者の支援を行っている人に同行させてもらい、その実態を学ぶというものでした。
知的障碍者の方々が働くNPOでのランチメニューです。本当に美味しいおでんでした!「茶飯」がまた美味しく、単にお醤油を少し入れて炊いただけらしいのですが、良い出汁が出ているような味でした。お世話になりました。ありがとうございました。



こーんな感じで過ごしてきた慌ただしい雰囲気の2014年でしたが、振り返ってみると、それぞれが有意義であったわけで、良い年だったと思います。また、自分の足元を見つめてみると、優しい夫と可愛い犬たちに囲まれ、本当に幸せ者だと感じます。

夫や犬たちとのマッタリ、ゆる〜い、タイムを過ごせることに幸せを感じます。



社会人学生として度々東京に出かけますが、その東京に出るのにそれほど苦ではない距離ながら、焚き火だってできるような広くてのどかな場所に住んでいるのだと思うと、本当に感謝の気持ちです(東京人にはわからないかもしれませんが)。


そして、秋頃までずっと待ち受け画面がこの子たちでしたが、


ようやく、ブルーとココに変更しました。亡くなったアオとウメの写真を未練がましく待ち受け画面にしていましたが、「可愛いですね、いくつですか?」みたいなことを人に言われることがあると、「もういないんです」の一言で会話がブツリと切れてしまうんですよね(笑)。さすがにそろそろ切り替えねばということでブルーとココの撮影を敢行しました。



来年もブログはこのノリで、気が向いた時に書く、という方向にいたします。どうぞよろしくお願いいたします。皆様にとっても、2015年が良き年になりますように。