公衆トイレのイメチェンWinkingWinkingHappy

ワールドカップのサッカーに湧く日本。W杯で初の一次リーグを突破し、決勝トーナメントへと駒を進めることができた。特にサッカーファンというほどの私ではないが、嬉しいことは間違いない。

その熱気、情熱を表すかのように、こんなところにもサッカーをサポートする広報活動がある。

渋谷駅の公衆トイレである。階段から床に至るまで、サッカーの足跡?

”公衆便所”という名のネガティブな響きにもあるように、昔は「汚い」「臭い」「気持ち悪い」の3Kが形容詞。嫌悪感しかなく、私の中でも使わないことが原則だった昔。でも昨今の東京の公衆トイレは清潔で奇麗になったと評判だ。そういえばちょくちょく出かける山手線のいくつかの駅トイレもかなり明るく清潔な雰囲気だ。

中に入ると、壁にもサッカー!!


そしてトイレのドアで一瞬固まってしまった。全てのドアに選手の名前が。個々の選手名は知らないが、サッカーは男性のみ。それで最初は「あ、まずい、男子トイレ?」、と焦りまくり、でもそんなわけはないと考え、洗面にいる女性を確認してホッと安堵。

ところが、女子トイレの確認が出来た次の瞬間、「まさか、個人所有のトイレ?洗面にいるのはモリモトさんとかオカダさんなのかも。えっ、どーしよー(汗)」という戸惑いが襲う。でもまたまた思い直し、冷静になろうと努め、「そうよ、そうよ、ここは公衆トイレ。サッカーの宣伝活動でのイベントなだけ」と、よ・う・や・く、まともで当たり前な結論に落ち着いた(笑)。


トイレの個室内にもこんなエールの言葉が。


そんなこんなの話を友達としながら、美味しくリーズナブルな居酒屋で飲む、食べる、食べる、食べる、飲む。「また行きましょうねー」。

読者増、継続の励みにLaughHappyLaugh

最近、色々な人たちから「サイト見てますよ」と声をかけていただくことが増えた。有名著名人ではないし、増えたといっても高が知れたものだろうけれども。でも、少しずつではあってもこうやって読者が増えてくれるのはとても嬉しいこと。続ける励みにもなる。

この間もこんなことが。数年前からの知り合いに、最近になってようやくウェブサイトの話をするきっかけがあった。すると知り合いはさっそく私のサイトを見てくれた。先日会った時にサイトについてのコメントをもらったが、かなり多くのページを見て読んでくれていた様子。えっ、そこまで遡って読んでくれたの、という感じ。本当にありがたいこと。サイトのオリジナルデザインや写真など、かなり褒められ、恐縮してしまった。この場を借りて、「本当にありがとうございます。これからも読者でいてくださいね」。

また、昨日も、ふとすれ違い様に私のガラスの入選を祝してくれた人がいた。いつもとても柔らかで優しい人であり、元気で溌剌とした人でもある。その人のブログも時々拝読するが、とにかく繁忙を極める生活を送っている。この場を借りて、「ブログを拝見すると、とても忙しそうですが、健康面には気をつけてくださいね」。

自らの経験から、ブログの継続は心理面においても色々な「心の動き」が生ずるものだなと思った。「なんだかんだブログ」という名のブログは昨年の8月からスタート。最初の頃はかなりプライベートな生活を載せていた。最初はすごく載せたい願望も強く(笑)、「ネタ」も次々と生まれ、溢れかえってていた。スタートさせた途端、それらは堰を切ったようにどどーっとブログに流れ出て、ほぼ毎日何かしら日常を掲載していたように思う。

けれど、やはりネタは尽きるものなのか。刺激的で日々変わる日常というよりも、かなり平凡に過ぎる生活をおくっているからなのか、プライベートネタは消失し始めた(笑)。また、ブログに何か載せなくてはという一種のプレッシャーみたいなものに生活を支配されている事にも何か嫌気がさしてきた。本業に勤しんでいるときですらネタのことがよぎる。本業のライティングとブログを巧く両立させるほどの「書く」という力量が、私には不足しているのだと気づいた(早く気づくべきでしょうー)。

年明けからはブログの切り口を変えた。考えてみれば、未熟ながらも私はジャーナリストの端くれ(^^)/。あまり(ほとんどかも)ジャーナリスティックな仕事をしているとは言えない昨今(汗)。どちらかというと広告企画やPR側(身売り商売、とは夫の弁)の仕事が主だっている昨今とも。でも、だが、しかし、やはり、時には新聞や報道番組、或いは周囲で見聞したことを、批判的に論じてみたいという、ジャーナリスト魂が頭をもたげてきた。こういうやり方ならイケるかなと方向転換。ゼロになった日常ネタも、そうこうしている間にちょっとは引き出しが出来てくる。こうやって硬軟織り交ぜのブログにということで”頑張って”いるつもり、である。

サイト記事に関する友人知人との会話は本当に楽しく、しかもとても勉強になり励みになる。ふぉと小論[普遍]に載せたソクラテスやルソーのことで話を弾ませたこともあれば、図書館の現状と今後について論議を交わしたこともある。部落民差別から人種差別、寺や神社のゆくえ、女性問題から言語まで、現状を憂う話題に花を咲かせ、酒を酌み交わすのは本当に楽しい。「日本のゆくえ」のカテゴリは基本的にジャーナリスティックに論じているつもりだし、「考える」「不満が」「怒りが」「教訓に」などにもそうした類は入れ込んである。公序良俗に反する事がなく、誹謗中傷でない限りは、今後も世の中のことに対し色々と批判的に論じて行きたいと考えている。時にはその論の中に批判というよりは”批難”に近い格好で登場させざるを得ない人物が生ずることがあるが、その際には、その対象の人と私との接点がないことを原則としている。つまり、きちんと面識を持つ人を”批難”はしないということである。”批難”対象の人物を「あれは%$さんのこと?」とはならぬよう心がけている。まわりまわって、未来のいつかに、その”対象の人”にきちんと対面する時がくるかもしれないけど、それはその時である(笑)。

とにかく、ウェブサイトを持つ事は素晴らしい。そして、ブログという自分発信の手段は時に億劫さ(私の場合だけかもしれないけれど)を伴うが、それでも楽しい。これからも試行錯誤しながら”いろいろ”を発信していきたいと思う。

ブログの方向転換をはかってほぼ半年にて思う事、である。

皆さん、今後ともよろしくお願いします。

ビールグラス入選!!LaughLaughWinking


札幌芸術の森主催、サッポロビール協賛のビールグラスコンテスト「ビアマグランカイ」で上記の作品の”両方”が入選を果たしました!!とても嬉しいことです。実は3度目の挑戦です(^^)。しかも1点だけでなく2点とも、でしたので、飛び上がらんばかりの喜びです。2点入選は過去にも例がないのではと、師匠も驚きとともに褒めて下さいました。

One-of-a-kind glass art をコンセプトに、世界にたった一つ、唯一感、こうした「あなた(わたし)だけのガラス」を提供し続けています。この2点も唯一感が非常に高く、同時に手作りガラスの暖かさも感じていただけると思います。

上記の価格で入選シリーズの作品の注文を承ります。手作りガラスですので全く同一のものにはなりませんが、味わいは全く同じです。容量はだいたい300ml〜350mlです。現在取り組んでいる作品制作との時間的な兼ね合いがありますので、納期につきましてはメールでの相談後とさせていただきます。尚、この夏はガラス工房で窯の補修など、大掛かりなメインテナンスが予定されています。そのため、7月下旬から8月下旬はガラス工房が長期休暇をとりますので予めご了承ください。

*入選作品の注文は締め切りました。ありがとうございました!


また、札幌芸術の森では、6月12日〜8月22日まで、入賞・入選作品展を開催しています。北海道の方、札幌方面へ旅行予定の方は是非立ち寄ってみてください。

洋食にも合う山菜「カタハ」HappyLaughWinking

富山の実家から山菜が送られてきた。富山では「カタハ」と呼ぶ。他県では「ヨシナ」「ウワバミソウ」「ミズ」という名でも呼ばれている。

「玲子たちは夫婦二人だけだから」というセリフを枕詞のようにしつつ送られてくる山菜の量は明らかに10人家族向け(笑)。半ば、健康促進と趣味を兼ねたかのように父の年中行事となった山菜採り。80歳を優に超えた今も健脚であることは娘としても嬉しい事実。送られてきた山菜は友人たちにお裾分けもしている。

さて、このカタハ、どのように料理しようかと考えを巡らす。そして、山菜の王道として、煮物、炒め物、に挑戦しつつ、洋食にも合う一品もつくる。


茹でる前が上。茹でた後が下。鮮やかな緑色になるカタハ。


まず煮物。新じゃがのメークインと厚揚げとの炊き合わせ。メークインは煮くずれしにくいので、案外、男爵イモ系よりも煮物向きとも。


新ショウガとカタハの三杯酢。軽く塩をふっただけの浅漬け。色鮮やかさをそのままパクリ。ちりめんじゃことゴマで炒めたもの。カタハのきんぴら。どれも熱々の白いご飯がすすむ、すすむ。食べ過ぎ注意報(笑)。冷酒のおつまみにも最高。


そして、洋食に合う一品。塩こしょうを軽く、その後オリーブオイル、ワインビネガーの順にからませる。言ってみればドレッシングで和えるという感じ。


さっそく洋食向けのカタハをメインディッシュの付け合わせに。メインはカツオのたたき。付け合わせのもう一つは自家製ピクルス。甘くて美味しいと評判の白子の新タマネギ、そして新人参、パプリカも加える。漬け込みタイプのピクルスではなく、ビネガー液で軽く和えて冷蔵庫で冷やすといった程度にすると、歯ごたえがあり、生のようで生ではない、といった甘さが美味しいピクルスになる。これまたワインがすすむ、すすむ。飲み過ぎ注意報(笑)。


カツオのたたきのためにとうとう購入したバーナー!!。表面の焦げ目はこれでオーケー。口に含んだ時の香ばしさは最高。フライパンで作るものよりも断然美味しい。

梅雨入り前のバーベキューWinkingLaughWinking

関東もほぼ梅雨入りの感。そう考えると先週末のバーベキューパーティはなんとも絶妙なるタイミング。

招かれて出かけた家はアメリカの輸入住宅。アメリカ生活もそれなりに長かったという家主のライフスタイルもなんとなくアメリカ流。家の中の調度品やコレクションもアメリカスタイル。”ホンモノ”のアメリカ人がいる我が家の方がよっぽど非アメリカスタイルとも(笑)。

家主からスパイダー型の芝刈り機を借りる算段になっていた夫は、さっそく試運転を。


アメリカンスタイルということは、もちろん、ご主人がグリル担当。ビーフ、ホタテ、エビ、野菜などを手際よく焼き、プレートに乗せてテーブルへ。招かれたもう一組のカップルは日本人夫婦。奥様のボヤキは、「うちの主人は台所は何もできませんから、パーティになると結局全部私がやらなくちゃいけないから大変なんです」ということ。だからこの家主のマメさが羨ましいと付け足す(笑)。そういえば、この世代の日本人男性でクッキング担当をするという例はあまり見ない。私にとっても久しぶりの光景である。


奥様の手作り料理もとても美味しく、舌鼓を打ちつつ手から口へ、そして胃袋へ。鯛の押し寿司、ウニ、サラダ、などなどなど。

居心地の良い空間、美味しい料理、美味しい空気、快晴の空、そして何よりもステキなおもてなしに感謝。本当にごちそうになりました。ありがとうございました(^O^).。

こういうパーティは東京ではなかなかできない。神奈川方面の田舎引っ越し組の友人から聞いた話がある。友人は時々バーベキューパーティをする。その際に必ず誘う東京人がいるそうだ。その東京人はバーベキュー用の素材を市場から仕入れ、調理前の仕込みも済ませ、大荷物でやってくるそうだ。バーベキューが大好きなのだが東京では出来ないため、バーベキューの時は必ず誘って欲しいと半ば”脅し”をかけてくるそうだ(笑)。後は焼くだけという素材持参の友人は有り難い存在。断る事はないと、友人の弁。

上手に歳をとることWinkingHappySad

夫の夢の一つは早く「じっちゃん(爺ちゃん)」になること(笑)。思い切り頑固なじっちゃんが夢だとか。微笑ましい頑固さならともかく、人の迷惑となるような頑固は止めに願います、と先制する私(笑)。

というのも、時々困った系の”お年寄り”に出くわす事もしばしばだからだ。スーパーのレジに並び、自分の買い物カゴをカウンターに置こうとしたその瞬間、商品をいくつか手に抱えた70歳位の女性が私の前に入り込み、「これだけなんですみません」と、先に会計を済ませようとした。身体をねじるようにして入って行きたその女性は割り込み以外の何者でもない。目も合わせようとしなかった。一瞬ムッとしたが、事を荒立てるよりは「どうぞ」と譲った。ま、それしかない雰囲気でもあったし。なんとも感じの悪い、イヤな気分で店を後にした。夫にはそーんな図々しいタイプになって欲しくないし、もちろんのこと自分自身も決してなりたくない手合いだ。反面教師にせざるを得ない。

そして先日、旧友Qから愚痴を聞かされた。愚痴の対象はX氏。私もQの紹介で何度か会ったことがある。X氏は60代。定年引退後の今も、フリーランスで会社員時代と同じ仕事をしている。会社員時代からそうであったようにX氏は今も顔が広く、人をまとめるのが好きで、いつも複数の人たちを連れて夜の東京を楽しむ。時折Qもそのメンバーに招かれる。

だが最近QはX氏からの呼び出しに戦々恐々とし始めた。会社員時代はそんなことはなかったのに、フリーランスになってからのX氏は少々目を塞ぎたくなる行動が目立つようになったという。なんとX氏は東京の行きつけのレストランで勝手に勘定を決めてしまうというのだ。X氏常連レストランは、フレンチやイタリアン、中華、和食、鮨店など多岐にわたる。例えばフレンチのメニューで定額のコース料理があったとしても、カッコ付きのメニューがあり、その素材を選ぶとプラス500円とか800円増し、ということがある。増額素材を選んだらプラス分を払うのは常識。だが、X氏は会計の際に”定額”で押し切るのだ。時にはメニュー選びの段からメンバーに向かって、「ここではどれだけ食べても『シェフお任せ額』でいけるから」と豪語し、会計時にメンバーから「OO円ポッキリ」を集金する。本当にこれでいいのかな、と訝しく思いながらも、他のメンバーと同様に「OO円ポッキリ」の幸運をしっかりと享受していたことも認めるQ。

ある夜、招集をかけられたQ。勘定時になり、X氏からレジでの立て替えを頼まれる。二次会のときに皆からお金を集めるからと言われ、皆より一足先にレジへ。Qの元にレストランのマネージャーが近づいてきて、多くのお客をX氏から紹介されてきたことに感謝はしているが、自分で食べたもの、飲んだもの、に見合う勘定を払うのが常識ではないかと諭された。全くもってその通りと応えるしかなかったQ。Qが悪いわけではないのに感情的な言い方をしてしまったことを反省し、Qに謝るマネージャーだが、彼も誰かに愚痴を言わずにはいられなかったのだろう。その夜以来、Qはほぼ毎回、レジの立て替えを頼まれるようになった。Qの推測では、レストラン側の”感情”にX氏も気づいているため、X氏自らがレジに行くのではなく、代理のQを盾として利用しているのだろうと。イヤな任務に就かされたQには心から同情する。

X氏のような手合いは必ずいる。多少の差はあるが私の知人の中にもいる。自分と一緒にいれば誰もが得をする、自分はこんなにも顔が利くのだ、自分はパワーがあるのだ、というようなことをX氏は周囲に知らしめたいのだ。定年後もフリーランスで同じ仕事ができる人なのであり、仕事面での力量は確かなものがあるのだろう。だが、徐々にビジネス面でも翳りが見え始めたのかもしれない。

そうした、「過去の栄光」を断ち切れない人ほど大見栄を張り、うわべばかりを気にして飾り立てようとする。上手に歳をとることができない人の一つの典型である。スーパーのレジでの出来事とQの経験。両者ともに上手く年を重ねているタイプとは言えない。こういう人たちは「常識の範囲」を知らないうちにどんどん広げていっているのだろう。これをやってもいいはず、これは自分なら当然許されるはず、などなどとやっているうちに、広がった常識の範囲が「非常識」の域に入っているのにも拘らず気がつかない、気づこうとしない、のだろう。

言うは易し行うは難し、であるが、肝に銘じよう。

渋谷のパン屋 FLUffYWinkingHappyLaugh


友達が渋谷でパン屋さん「FLUffY(フラッフィー)」を営んでいます。Fluffyはふわふわ、といった意味があります。ふわふわで中がもっちりの美味しいパンといったところがメッセージ、かな。天然酵母と国内産小麦のパン作りが友達のこだわりです。店はオープンして3年ほどになりますが、その前にも数年間、渋谷区松濤で週末だけの販売を試す等、本格オープンに向けた準備をしていました。「石の上にも三年」を堅持するあまりこのサイトで紹介しなかったわけではなく、ただ単に私のポカです(笑)。

渋谷の店舗販売メニューは
ブログで毎日案内しています。また通信販売も行っています。火曜から土曜まで、日替わりメニューのパンセット3千円分を宅配便で送ってくれます。是非お試しください。以前、とても美味しいライ麦のパンをいただいたことがありました。レシピを聞いて自分で作ってみましたが失敗。やはりプロは違う、のでしょうね。リンクのページにも載せておきましたのでよろしくお願いします。

ふぉと逍遥「スライドショー」更新WinkingLaughLaugh


ふぉと逍遥のスライドショーを更新しました。中庭の柵の作業模様を何枚か入れてあります。

芝生のある中庭には竹柵を施してありましたが、老朽化が激しく、とうとう崩壊状態に。竹柵の寿命はせいぜい4〜5年と言われていましたが、その通りに。地面の土に竹が直接触れるという点でも長持ちする柵とは言えません。そこで今回は竹をやめ、杉板に変更。支柱となる木は土ではなくコンクリの靴を履かせるカタチにして保護。縦にはその支柱、横にはツーバイフォーを這わせてフレームづくり。柵との兼ね合いで庭のカタチも多少変更が必要だったため、ここまでは造園業者さんに手伝っていただいての作業。

そして、このフレームに杉板を打ち付ける作業は自力でということになりました。夫と私の二人三脚。もちろん経費削減、節約のためです(汗)。杉板に防腐剤を塗るのは私の担当。夫は電気ドリルでそれをフレームに打ち付ける担当。

何日も続いている作業のため、目が不自由なコマは、抱きかかえられてはデッキとドッグルームを行ったり来たりさせられ、自分の縄張りである中庭になかなか戻れませんでした。でもようやく我が城に戻った安堵感と満足感で、すやすや眠っています。コマも本当にお疲れさま(^^)。といってもまだ作業が終了したわけではありませんけど(汗)。