物思いにふける秋HappyLaughWinking

夏はここ何年もずっと「猛暑」か「酷暑」。暦上は過ごし易い季節となるはずの9月は何処へと消えたのか。今年の9月は8月に引き続き前述2つの「」続きと相成りました。その苦汁から逃れたかと思った途端、雨続きとなった関東。そして雨が終わったら晩秋の気候に。今年は春に相当する初秋の暖かさや爽やかさが無いまま。それでもこれからは秋から冬にかけての良いお天気が期待できるのかもしれない。

物思いにふけるには最高の時とも。とはいっても私の中ではさして「ふけるべきモノ」が見つからない。いや、そうでもない。最近、何故か故郷の富山を思い浮かべることがある。昨年、母が亡くなり、富山産物というか実家産物の宅配便が激減したからかもしれない(これって単に欲張りとも(笑))。春の山菜その他色々。特に季節感とは別の、「親の愛」として送られてくる私の好物。

47都道府県の内、富山県というのは今ひとつ印象が薄い県かもしれない。芸能人を多く排出しているわけではないし(財界人には結構多いのだが)、政令指定都市、大都市圏の自治体でもない。でも、”愛県心”を持つ私としての県自慢は、凶悪犯罪が無い(滅多にニュースに出ない)、産廃ゼロ、関西側文化圏の影響が強いせいかノリが良い(笑)、などたくさんある。これまたあまり知られていないが、数値で見た都道府県ごとの統計では、1人辺りの所得は全国で10位であり、東京や大阪などの大都市圏の次に位置する。一戸当たりの平均面積が日本一であったり、児童学力テストでも上位に名を連ねる。そうそう、町村を含めた最小自治体に至るまで、全てに図書館が設置されている100%の県は富山だけである。好き嫌いを分つ冬の雪はあるものの、総合的に「聡明な県」と言えるように思う(のは私だけでしょうか)。

富山、というと一般的に浮かぶのは、列車で食べる「マスの鮨」だとか、「ホタルイカ」ぐらいかな。

で、少しツーになると、昆布巻きかまぼことか赤い渦巻きかまぼこを知っている人が出始める。


そして、もっとツーになると、ビッグサイズのお祝い鯛かまぼこを知っていたりする。着色料ドーンといった具合はさておき(笑)、このかまぼこはとても美味しい。魚がきちんと使われているという味がする。結婚式の引き出物に入っていたものは、長さが70センチぐらいはあった。どのスーパーに行っても必ず置いてある大手Kのかまぼこ。何かのきっかけで食べる機会があった父いわく、水っぽ過ぎて、魚の味がしない、と。

巨大かまぼこでこんなサイトを発見。富山の老舗らしい。スクロールダウンして、かまぼこの大きさをご確認あれ。
北陸富山蒲鉾屋三代目 丹右衛門「河内屋」

そして、母亡き今、もしも父が昨年同様に健脚であり、山に登って天然の自然薯をとってくるならば今年もありつけるかもしれない、私の大好物のひとつ「ヤマイモと大根おろしの和え物」。

絵的には美しいとは言い難いけど、本当に美味しい!自然薯を実家ではヤマイモ(山芋)と呼んでいる。すり卸したヤマイモと大根。混ざりにくい2つながら、それを頑張って混ぜるのみ。お醤油をお好みで。お味噌でも良し。


ひたすら混ぜていると、ね、それなりに混ざってきてますでしょう?。


ここまで混ざればオーケーです。返す返すも絵的にはいまいちだし、この味を知らない人にとっては「まずそう」というぐらいのコメントが出るかも、ですが(笑)、私にとってはよだれがじゅるーっ、なのです。「お父さん、今年も山に登ってぇ〜〜、お願いします」。あ〜、マジで食べたい。食べたいっ!


これまた私の大好物「ミギス」。東京でも千葉でも見た事の無い干物。名前からしてキスの仲間かと推測しながらも、「ミ」は富山弁の母の訛りかもと考えていたが、ネットで「ミギス」を見つけ、「ニギス」という名も発見。熱々ご飯にあぶったミギスをのっけてパクパク。ご飯が進み過ぎて危ないったらありゃしない(笑)。


母校のOB向け祭りに参加してきた。宝くじのように福引き券を購入するのだが、10枚に1枚必ず当たるというこれまた宝くじよろしく的な賞。マーボ豆腐の素だとか、庶民的値段の化粧品類など、うん、こんなものでしょうね、という程度のものしか入っていなかったのに、今年は意外なものが。全国都道府県の特産物をギフトにというもので、印刷されたカードはいわば目録のようなもの。この47枚のカードから好きなものを一つ選び、同梱のハガキにそれを記入して投函すると、数日後にその特産品が送られてくるというもの。サイトもあり、好奇心で見てみたらなんと5250円!カニも良さそうだし、いくらも美味しそう。他にも様々な特産品が目白押し。

「愛・都道府県心」のある人なら、誰もに等しく出身地特産のお勧めがあることだろう。その地ならではの逸品を47枚それぞれの説明の中に感じた。サイトはこちら。
47CLUB「贈りもの弁当」

それにしても、母校様、10枚に1枚の賞としては予算オーバーなのでは?。しかし、今年のお祭りプログラムを見ると、毎年必ず協賛に上がっていた「自動車」が無い。この不況下でベンツとトヨタの協賛が得られなかったのか、それとも。この分を10枚に1枚の賞にあてがったのかどうか。いつかはベンツを当てたい、と考えていた私だが、ベンツゲットの確率はかなり低い。それよりも10枚に1枚の中にこうした良いものが入っている方が断然良いかも。でも、なんとなく、来年のベンツの復活を願う私である(笑)。