お湿りが不足かSadEmbarrassedHappy

今年の夏は猛暑を超えて酷暑という表現も目立った。酷暑は全国的としても、関東地方はそれに加え、雨の日が少なかった。ジリジリと照りつける夏の太陽は地面をパサパサ、カサカサに乾燥させた。畑の作物にも影響が出た。


秋になってもその影響は続いた。咲くべき時に咲かなかった彼岸花のニュースを見た。開花がずれた様子だ。だが咲いてくれたのなら羨ましい話だ。我が家の白い彼岸花は咲かないままに終わった。彼岸花は花が散った後に緑の葉を出す。今年はあの美しい白い花を見る事がないまま、今はこの葉を愛でている。


どんぐりにも影響が出た。クマが山から里に下りてきて、人間が右往左往し、地元の猟銃会によって射殺されたという痛ましいニュースも報道されている。この夏の酷暑や雨量不足で森のドングリがあまり実らなかったということだ。本当は、日本の森林管理の問題とクマの問題という重大な側面があるのだが、ここでは省略させてもらう。

我が家の敷地内のドングリにもその傾向が見られた。敷地内には2種類のドングリがある。右側の大きなサイズと左の小さいサイズ。大きい方にはあまり変化は見られない気がするが、小さい方は色づかないままに落ちてきたり、あるいは、外側の皮?で覆われたままで落ちているものもある。未熟なままで落ちたドングリの話はニュースでも報道されていたので、なんだかとても身近な問題として感じた。

夫と私が越してくる何十年、あるいは何百年?も前から存在していた森の木々。ドングリの木ももちろん我々の大先輩。越してから植えた新参者の植物とは違い、地下深くに根を張った太い幹のドングリの木が暑さと水不足に悲鳴を上げたということに驚いた。だが、未熟なまま落下した実を見るにつけ、その悲鳴が聞こえるようで、なんだかこちらまで辛くなる。あの大木にハグをしても解決するわけではないが、「今年は大変だったね。本当にお疲れさま」と言って慰めたいと真剣に思った。来年は森に必要なお湿りがありますように、と祈る気持ちになる。



秋も深まってきた今、雑木林が色づき始めた。正面の赤っぽい色は山桜。桜の葉の紅葉は美しい。春のお花見後はあまり話題にされない桜、というのが一般的な気がする。だが、春の開花と同様に、桜の紅葉もワクワクタイムとなる我が家である(^^).。

犬にKY はいない、かWinkingHappyHappy


KY。空気が読めない人のこと。今も時々耳にする。前総理大臣の麻生氏の場合は、漢字が読めない、というKYでおちょくられたこともあった(笑)。

KYは、別名「天然」、か?。グループ内で急に突飛な発言をし、周囲の人たちはどうも調子が狂ってしまったり、時には唖然とさせられるが、何かこう笑えるような場合。でも本人はいたって真顔(笑)。ある著名な人物が、KYなど気にする必要はないと言っていた。空気を読む人は単に多数派に迎合する人であり、個性がないと。なるほど、一面の真理かもしれない。だが、その場の空気を読んで「無難に」行動することも生きる術ではあるし、時にはそれがないと人間関係が立ち行かなくなることもある。

KYにイライラさせられるという人の話は時々聞く。私自身も経験している。KY遭遇時の感情は、KY度合いにより違う。やれやれという程度だったり、時にはカチンとくることも。酷いときはもうお手上げ、あんな人とはもうつき合えない、と感情的になったり。でも、最終的には、ま、我慢、我慢、あの人のKYが直ることはないんだからと考えるようにしている。

KYは人間の大人に特化したものなのか? 犬にはいないように思える。同様に幼い子供にもいない気がする。犬も子供も”敏感”に”空気を読む”。両者とも、人間の大人に囲まれて暮らし、大人に依存して生きている。だから常にセンサーのようなもので大人たちの言動、一挙手一投足をチェックしているのかもしれない。

犬の目は「何でもお見通し」とでも言っているような感じだ。目だけでなく、鋭い嗅覚からも状況を把握している。てんかん患者の介助犬は、倒れる2時間も前にそれを知らせるという。患者が倒れる時、患者の毛穴からある臭気が漂い、それが濃くなって倒れるらしい。犬はその臭気を覚え、まだそれが微量に感じられる時点で患者の袖を口でくわえて教える。訓練により2時間前からそれを”確認”できるようになったのだとか。2時間もあれば、患者はかかりつけの医師に電話で「2時間後に意識を失いますのでこれから病院に行きます」と電話をするだけで良い。す・ご・い。

2年前に死んだ我が家の犬アオも、結構臭気に反応していたように思う。私がちょっとでも緊張していると不思議な目線で私を見、しばらくそれが続くと前足で私の膝を軽く叩く。楽しくじゃれている時とは違う動きなので、あれ、と思う。そして緊張が極地まで高まると、今度は私のそばからいなくなる。緊張時に私の毛穴から何か不思議な臭いが出ていて、アオがそれを察知していたのではないかと思えてならない。我が家の他の犬とアオの違いである。アオが亡くなって余計にこのことを思い出す。

誰に似た?HappyHappyWinking

先日、友達と旧交を温めた。四方山話も一つ区切りがついた頃、なんとなく私たち共通の知人夫婦の話題に切り替わった。夫婦には男の子供が二人いる。子供達にも何度かあったことがある。確か10代だった。

今や子供達は二人とも30代。時の流れに驚く間もなく、友達が「上の子が離婚したらしいわよ」と。その言葉を聞いた途端、様々な記憶がフラッシュバックした。そういえばその夫婦はある種の仮面夫婦だった。仲が悪いというわけではないけれど、それほど一体感はない雰囲気だ。子供達に初めて会った時、下の子はまだ高校生ぐらい。多感なその時期、両親の関係をどのように捉えているだろうかと、他人事ながら心配したことがある。上の子は明るく快活な印象だった。会社員に成り立ての頃だったと記憶している。交際している恋人にも会ったことがある。学生時代から交際が始まったと聞いた。その後結婚に至り、今回の「離婚」となったということになる。

途中途中のつまみ食いのようにしか様子を知らない子供達ではある。だが、離婚という大きな出来事があると、ふと、その因果関係を両親に持って行きたくなるのは人の心理というもの。明るく朗らか、交際期間から数えれば20年弱の愛を育んでいた兄は、どちらかというとお母さん寄りだろうと考えられた。父親は不在がちで、且つ女性出入りが激しいという噂。母親への同情が勝っただろうと思われる子供の頃の生活。父よりも母への愛。だが所詮機能不全の家族。だからこそ自分たちだけは”一体感”のある、”愛”のある夫婦でいようという、両親を反面教師とする決意。だが、兄は愛を継続できなかった。そして今、別の女性と交際していると聞く。ここでも大衆心理としては、兄は父親に似たのかもしれないと単純に前言撤回をする(笑)。

一方の弟。こちらも長年交際する恋人がいるらしい。兄の離婚劇も加えてまたまた心理推理。もしかしたら弟の方が、”一体感”のある家庭、”愛”のある家庭を築くタイプかもしれないと。だからこそ慎重なのだと。

兄は考えてみれば早い結婚。学生時代からの付き合い、そのまま結婚、は、今の時代の間尺に合わないのかもしれない。若い時代は色々な人と接し、恋に傷つき、別れ、そしてまた新しい愛との出会い、そうしたことの結果、添い遂げられる相手が見つかるのだろうと思う。別言するならば、その方が「より良い」とも。もちろん、吟味の上での結婚が離婚に至ることもあるだろう。だが、学生時代からそのまま、という場合よりも、断然人間形成ができていると個人的には判断する。

兄弟。どちらが父親に似て、どちらが母親に似て、という話。心理的要素はあるものの、どちらかというと単に人の話の種となり、酒の肴となるだけかもしれない。

老年力!?HappyGasp


「老年力」、そうとしか呼びようのない我が家の老猫。名前はマイケル。メス。一般的に猫(犬も)は掃除機の音を嫌がりますが、マイケルは全く動じません。というより、世の中の全てのことに動じません(笑)。地震や台風で犬たちがびくついても、彼女はゆったりと猫ハウスでくつろいでます。

この日はマイケルのハウス掃除。ハボキ?をくっつけ、ウイーンウィーンと音をたてますが、どいてくれる様子はなし。ついでにと、マイケルの毛のお手入れも。どちらかというと毛の手入れをねだっていたとも。感謝の意を込めてハボキにキスする余裕さえも。

メスなのにマイケルと名付けたのは以前の飼い主。なので、せめて我が家では「マイちゃん」と。我が家で彼女を引き取った時は既に7〜8歳位。10歳だったという説も。我が家に来て12年。最低でも19〜20歳。10歳説となると22歳!!

年齢故か、あまり太りません。耳も遠くなっているのか、鳴き声がやたら大きく、安眠妨害となる時も。一日の内、23時間45分は寝ているようなもの。そのためあまりこのサイトのスライドショーに登場する事もなかったのですが、これからはなるべく撮影を心がけるようにしたいと思います。

恋のワクワクも、精神の疾患も同じ化学物質が関与Gasp

脳内化学物質と行動型による性格タイプを調査した人類学者のヘレン・フィッシャーさん。性格タイプは4つ。各型ともに多い化学物質があり、「冒険型」はドーパミン、「建設型」はセロトニン、「指導型」はテストステロン、「交渉型」はエストロゲン。

必ずしも相性ぴったりとはいかないけれど、惹かれやすいタイプの存在は調査の結果として出ているそうな。冒険型と建設型は自分と似たようなタイプを好ましく思う傾向があり、交渉型は指導型に、指導型は交渉型に、より魅力を感じるのだとか。

科学的面からの良き相手探しは、、「婚活」にとって吉報? 今後は、互いの脳内物質検査結果を前提のデートが流行るかもしれませんね(笑)

ドーパミンとセロトニンで思い出すのは心理学の授業。統合失調症(過去には精神分裂病という名称)にこの2つの物質がかかわっていること。脳内においてドーパミンは色々な情報を伝達していて、これが過活動を起こすことが原因だと習った記憶があります。またセロトニンは鬱病に大きくかかわっているとも。

一方では「恋愛」、また一方では精神を参らせる「疾患」。「多い」ことと「過活動」の関係は専門家でもないのでわからないことばかりですが、ドーパミンが多い冒険型は統合失調症になりやすいという導き方もあり得ないとは言い切れない、ということでしょうか?

統合失調症は一般には15歳〜30歳ぐらいで発症することが多いのだとか。また男女差があって、男性は30歳を過ぎるとかからないことが多く、女性は40歳を過ぎてからかかることが多いのだとか。女性の皆さん、ご注意。

脳科学は発達の一途をたどっている感じがしますけど、まだまだ未解明なことの方が多いという気も。それに、全てわかってしまったら面白くないですよね。まずは「脳のデータ」を確認し、行動を起こす前に「やる」「やらない」を決めてしまう感じです。未知の世界に飛び込んだり、人に興味を持ってつき合ってみたり、こういう冒険心があるからこそ楽しいんですよね。あ、てことは、私はドーパミンが多いのかしらね(笑)